タビマメ
GPS hotel 路線検索

青函連絡船記念館・摩周丸

1965年~1988年まで青函連絡船として就航していた船舶・摩周丸を保存・公開。青函連絡船の歴史などの解説や、当時のまま操舵室や無線通信室を見る事ができます。

青函連絡船(せいかんれんらくせん)

青森駅と函館駅を結んでいた鉄道連絡船。船内に鉄道車両をそのまま積み込んで津軽海峡を渡っていた。1908年(明治41年)から就航し、青函トンネルが開通した1988年(昭和63年)まで運行していた。
営業時間
  • 4月~10月
  • 8時30分~18時
  • 11月~3月
  • 9時~17時
  • 休館日
  • 4月第2月曜日(2019年は第1月曜日)~金曜日
  • 暴風雨警報など天候により休館
料金一般 500円、高校生以下 250円、未就学児 無料
住所 北海道函館市若松町12
豆知識青函連絡船の展示は八甲田丸(青森市)摩周丸(函館市)があります。

レビュー

  • レビュー写真
    実際にカチカチっとすることもできます。
  • レビュー写真 レビュー写真
    イカのモニュメント
  • レビュー写真
    無線通信室
  • レビュー写真
    函館山
  • レビュー写真
    双眼鏡を覗くこともできます。
  • レビュー写真
    操舵室からの景色
  • レビュー写真
    実物のプロペラ
  • レビュー写真
    ライトアップ
  • レビュー写真
    航海日誌
  • レビュー写真
    レーダー
  • レビュー写真
    救命具
  • レビュー写真
    座敷席
  • レビュー写真 レビュー写真 レビュー写真
    操舵室
  • レビュー写真
    緑の島
  • レビュー写真
    外観
  • 青函連絡船摩周丸も函館山から見下ろせる。ブラタモリでも取り上げられていたが、1988年に青函トンネルが完成するまで北海道と本州を結んだ。連絡船が3日止まると道内の物価が2倍に上がったという。船内には貨物列車用のレールもある。

    1年以上前
  • 青函連絡船の「無線通信室」を比較。上は摩周丸(JHMI)、下は八甲田丸(JRRX)。

    1年以上前
  • 函館 摩周丸でブラタモリごっこした。いろいろ機器とか触れるのが楽しかった。モールス信号うってみた。

    1年以上前
  • かつて国鉄の青函連絡船として働いていて、青函連絡船の最後の日まで運航してた摩周丸 津軽海峡の横だから凄い寒い

    1年以上前
  • 青函連絡船 摩周丸 の記念館。 プロペラでかっ!! 白い甲板はとにかく眩しかった…

    1年以上前
  • 函館に来ると必ずこいつが目に入ります。かつて青函連絡船として活躍した摩周丸です。現在はメモリアルシップとして記念館となっているようです。JNRの文字がよく映えますね!明日行けたら見に行ってみようと思います。

    1年以上前
  • 摩周丸で花火観覧のための入館待機

    1年以上前
  • 函館の見所ナビ

    函館を1日で色々と観て回る場合は、市電の一日乗車券を利用すると交通費がリーズナブルに。まずは五稜郭エリアに行ってから、観光スポットが集まるベイエリア・元町エリア...

 

天気・日の出・日の入

朝焼け 日の出 南中 日没 夜景
03:38~ 04:10 11:33 18:57 19:29~