タビマメ
GPS hotel 路線検索

箱館高田屋嘉兵衛資料館

箱館発展の恩人と称される豪商・高田屋嘉兵衛。函館~大阪を航路としていた北前船にまつわる品々を中心に約500点が展示されている。
営業時間午前9時~午後5時
休館日 木曜日
料金高校生以上 300円、小中学生 100円
住所 北海道函館市末広町13-22

レビュー

  • 大火で市街の半分が焼失した時、高田屋嘉兵衛は被災者の救済活動・復興事業を率先して行ない、道路改修・開墾・植林等も私財で行った。また箱館港を埋め立て造船所を建設するなどした。
  • 【史実】11月25日、北海道函館市の箱館高田屋嘉兵衛資料館で、日本で最初に造られた国産ストーブ(復元)に火が入れられた。このストーブは、江戸時代末期に、武田斐三郎が、函館に停泊していたイギリス船のストーブを参考に設計したといわれる

    1年以上前
  • 司馬遼太郎『菜の花の沖』 「江戸時代で誰が一番偉いかといえば、 私は高田屋嘉兵衛だろうと思う。 それも二番目がいないほど偉い」と司馬遼太郎に言わしめた嘉兵衛は、日露の外交の犠牲になりつつも運命に甘んじず、積極的に友好の架け橋となろうとした信義の人として描かれている。

    1年以上前
  • 189年前の今日、高田屋嘉兵衛が亡くなりました。江戸後期の廻船業者。司馬遼太郎の 『菜の花の沖』で有名。元は淡路島の出自ですが、箱館を基盤とした蝦夷地経営を行い、北方の新航路も発見し、アイヌの生活基盤の向上にも貢献。ゴローニン事件にてロシアに捕縛連行され、翌年帰国しています。

    1年以上前
  • 函館ベイエリアの見所

    函館駅から歩いて15分程度の場所にある函館ベイエリア地区。歴史ある赤レンガ倉庫群、函館湾クルーズ、食べ歩き、博物館めぐりなど函館を満喫するには欠かせないエリアです。

 

天気・日の出・日の入

朝焼け 日の出 南中 日没 夜景
03:38~ 04:11 11:33 18:56 19:28~