日光東照宮

「見ざる 言わざる 聞かざる」の三猿や、「眠り猫」とその裏側にある「雀」などの彫刻で有名な日光東照宮(にっこうとうしょうぐう)。日本の歴史の古くから宗教的権威としての中心地であり、江戸時代になると徳川家康の遺言により自身を神格化した東照大権現(とうしょうだいごんげん)を祀るようになった。
  • 徳川家康の遺言
  • 徳川家康は晩年を駿府城で過ごし、1616年に死去。この時遺命として、増上寺(東京)にて葬儀を行い、久能山(静岡)への埋葬、日光山に小さなお堂を立てて、一周忌後に久能山から日光山へ遺骨を移す事を遺命に残した。
2017年の改修後の陽明門 2017年の改修後の陽明門
五重塔 五重塔
参道 参道
御本社と唐門。唐門の上部には舜帝朝見の儀の彫刻が施されている。 御本社と唐門。唐門の上部には舜帝朝見の儀の彫刻が施されている。
子猿~母親になるまでの、成長の様子が描かれた8話の物語になっています。 子猿~母親になるまでの、成長の様子が描かれた8話の物語になっています。
奥宮宝殿。この青銅の塔の下に家康が眠っている。 奥宮宝殿。この青銅の塔の下に家康が眠っている。

レビュー

レビュー・写真を投稿する
クリア
  • 2017年の改修後の陽明門
  • 五重塔
  • 御本社と唐門。唐門の上部には舜帝朝見の儀の彫刻が施されている。
  • 参道
  • 子猿~母親になるまでの、成長の様子が描かれた8話の物語になっています。
  • 奥宮宝殿。この青銅の塔の下に家康が眠っている。
  • 眠り猫。左甚五郎作と云われる。牡丹の花に囲まれ日光を浴び、うたた寝(アングル的には寝たふりとも)をしている猫。奥宮・徳川家康の墓所へ通じる道の入口にあります。
  • 表参道の石鳥居は高さ9m。江戸時代の石鳥居では日本最大。黒田長政が奉納したもの。福岡から船で運ばれてきたと云われています。
  • 像の彫刻のある建物。三猿のある建物と似た形だが、こちらは豪華絢爛。
  • 廻廊と灯篭。東照宮の灯篭は全て全国の大名から奉納されたもの。
  • 三猿のある建物は、人が集まってないと通り過ぎてしまいます。
  • 室町~江戸の絵師集団。狩野派がデザインしたもの。
  • 奥宮拝殿。江戸時代には将軍しか参拝できなかった。
  • 奥宮へは207段の階段があります。
  • 表門。仁王像が安置されています。
  • 三猿のある建物。こちらは質素。
  • 陽明門から延びる廻廊も国宝。
  • 三猿のある神厩舎
  • 見ざる、言わざる、聞かざる
  • 神厩舎。三猿の彫刻が描かれている
  • 陽明門の下側の右2つの灯篭は伊達政宗が奉納したもの。鉄でできていて当時はピカピカだったが数年で錆びたらしい。

  • 日光東照宮 陽明門
    日光東照宮 陽明門
  • 日光東照宮 歩き撮り
    日光東照宮 歩き撮り
  • 日光東照宮 ちょっと面白い話
    日光東照宮 ちょっと面白い話
  • 世界遺産日光東照宮
    世界遺産日光東照宮
  • 秋の日光東照宮の紅葉
    秋の日光東照宮の紅葉
  • 家康の遺言では小さなお堂を立てて、埋葬してくれとのことだったが、現在見られる豪華な建物群は、20年後の1636年に三代将軍・家光により豪華絢爛なものに建て替えられた。
  • 日光東照宮行ってきました。 東照宮といえば、やっぱり三猿と眠り猫ですな。 修復された陽明門は是非実物を。

    4ヶ月前
  • 日光東照宮。 そこは大権現徳川家康公の信厚い会津生まれの僧侶が再興した聖地でした。てんかい【天海大僧正】(1536‐1643) 戦国期~江戸初期の天台宗僧侶。 徳川家康公の政治顧問。 会津の生まれ。号は南光坊。 戦国期~江戸初期でも、これほど長寿のひとがいたんだ・・・。

    1年以上前
  • 「栃木県」日光東照宮 徳川家康のお墓があるとされています。これらは、17世紀の建物で本殿などが、世界遺産に登録されている。近くに駐車場もありましたよ。

    1年以上前
  • 栃木県の日光東照宮の御朱印になります。

    1年以上前
  • 日光東照宮 きらびやか、久能山よりもやっぱり規模はでかいね。これはたくさん歩いただけの価値はあった。

    1年以上前
  • ブラタモリ視聴中 日光東照宮は、江戸の最先端の芸術家たちが総力を結集してつくったもの

    1年以上前
  • ブラタモリ視聴中 日光東照宮 小さいお堂を作れ タモリさん「遺言守ってない」 家光様が派手にしちゃったそうで

    1年以上前
  • 家光様が家康様の遺言に逆らって日光東照宮を豪華絢爛にとな\(^o^)/wwwww

    1年以上前
  • ブラタモリすごいなー! 日光東照宮の細かい仕掛けが面白い!行きたくなってきた。 修学旅行で行ったけど、興味の度合いが大人になると全然変わるなぁ。

    1年以上前
  • 日光東照宮に伊達政宗が奉納した灯籠があるなんて知らなかったぞ。行きたいなあ。日光行きたいよう。

    1年以上前

ぶらぶらする

 
  • 徒歩すぐ~
    日光東照宮宝物館 徳川家康の遺品、朝廷や大名家からの奉納品などを収蔵・展示。
  • 徒歩2分~
    日光東照宮美術館 日本画家 横山大観 が手がけた「朝陽之図」をはじめ障壁画、掛け軸などの日本画100点を収蔵・展示。
  • 徒歩2分~
    輪王寺 日光山の広範囲に散財している寺院の総称でもあり、境内は大きく分けて「山内(さんない)」(標高 約630m)、いろは坂を登った「奥日光」(標高 約1300m)の2ヶ所あります。

    日光山

    輪王寺、東照宮二荒山神社あわせて「日光山」と古くから呼ばれていたが。明治の神仏分離令により寺院と神社が分離され日光の「二社一寺」のように称されるようになった。

    山内地区

    三仏堂、大護摩堂、宝物殿、大猷院、紫雲閣

    奥日光地区

    中禅寺、温泉寺

    世界遺産

    1999年「日光の社寺」として日光東照宮日光二荒山神社輪王寺などの103棟の建造物と、その周辺の文化的景観が世界遺産に登録された。
  • 徒歩4分~
    日光二荒山神社 日光二荒山神社(にっこうふたらさんじんじゃ)は、日光三山である 男体山 (古名を二荒山)、女峯山、太郎山を祀る神社。日光二荒山神社は 日光東照宮 の西奥にある本社、中禅寺湖畔にある中宮祠(男体山登山の...
  • 徒歩7分~
    本宮神社
  • 徒歩7分~
    神橋 日本三奇橋の一つ神橋(しんきょう)。日光二荒山神社の建造物で、日光山内への入り口の大谷川(だいや-)に架かる朱塗りの橋。神事・将軍社参・勅使などのときのみ使用されてきた。通常の通行は下流にある日光橋を...
  • 徒歩7分~
    大猷院
  • 徒歩12分~
    日光田母沢御用邸記念公園 明治32年から昭和22年まで3代の天皇・皇太子が利用した御用邸。
  • 1.4Km~
    憾満ヶ淵・並び地蔵 憾満ヶ淵(かんまんがふち)は、男体山から噴出した溶岩によってできた奇勝。 道中には数えるたびに数が違うといわれることから化地蔵(ばけじぞう)とよばれる約70体の地蔵が並ぶ。
  • 9.4Km~
    明智平ロープウェイ 華厳滝、中禅寺湖、男体山を望む 明智平展望台 へアクセスするロープウェイ。

泊まる

天気・日の出・日の入

朝焼け
04:39~
日の出
05:06
南中
11:43
日没
18:21
夜景
18:48~
天気 08/24 08/25 08/26 08/27 08/28 08/29
栃木県
南部
08月24日 栃木県南部 くもり
24°32°
くもり
08月25日 栃木県南部 くもり時々晴れ
23°34°
くもり時々晴れ
08月26日 栃木県南部 くもり
24°32°
くもり
08月27日 栃木県南部 くもり
22°30°
くもり
08月28日 栃木県南部 くもり時々晴れ
21°30°
くもり時々晴れ
08月29日 栃木県南部 くもり時々晴れ
21°30°
くもり時々晴れ
栃木県
北部
08月24日 栃木県北部 くもり
24°32°
くもり
08月25日 栃木県北部 くもり時々晴れ
23°34°
くもり時々晴れ
08月26日 栃木県北部 くもり
24°32°
くもり
08月27日 栃木県北部 くもり
22°30°
くもり
08月28日 栃木県北部 くもり時々晴れ
21°30°
くもり時々晴れ
08月29日 栃木県北部 くもり時々晴れ
21°30°
くもり時々晴れ
営業時間
営業期間 通年
営業時間 8:00~16:30(11月~3月は~15:30)
休業日 無休
料金
  • 拝観料
  • 高校生以上 1,300円、小・中学生 450円
  • 宝物館
  • 高校生以上 1,000円、小・中学生 400円
  • 美術館
  • 大人 800円、高校生 600円、小・中学生 400円
住所
栃木県日光市山内2301
アクセス
JR・東武日光線日光駅から東武バス中禅寺湖方面行きで7分、西参道下車、徒歩10分
主祭神
徳川家康公、(相殿)豊臣秀吉、源頼朝
創建
1617年
本殿の様式
権現造
例祭
5月17日・18日
観光スポット・カフェ・ホテルを
地図・GPSで検索