タビマメ
GPS hotel 路線検索

反射炉跡(旧集成館)

仙巌園内にある反射炉。集成館(しゅうせいかん)は薩摩藩主・島津斉彬が提唱した集成館事業の中核となった場所。日本最初の工業地帯とも言われる工場群で、大砲・洋式艦船・製鉄・紡績・ガラス製造などが行われ、最盛期には1,200人の人が働いていた。特に大砲などに使われる頑丈な鉄を作るためには反射炉(高温の金属溶解炉)が必要となり、現在はその下部部分の遺構が残る。
住所 鹿児島県鹿児島市吉野町9698-1

レビュー

  • レビュー写真
    反射炉(模型)
  • レビュー写真
    世界遺産です
  • レビュー写真 レビュー写真
    説明
 

天気・日の出・日の入

朝焼け 日の出 南中 日没 夜景
06:41~ 07:08 12:12 17:15 17:42~