タビマメ
GPS hotel 路線検索

大沢家住宅

川越一番街にある蔵造りの建物・大沢家住宅。1792年に豪商・西村半右衛門が建て、川越大火でも消失を逃れた建物。現存する関東地方最古の蔵造りの建物としても知られ、国の重要文化財にも指定されている。邸内では民芸品の販売や、絵画の展示が行われている。
営業時間9:30~15:30
休館日 月曜日(祝日の場合は翌日)
料金大人200円、学生150円
住所 埼玉県川越市元町1丁目15-2
豆知識
  • 大沢家住宅は、1893年の川越大火でも焼失を免れた。この火事は17の町に及び、1/3にあたる約1,300棟の建物が消失した。
  • 川越大火で焼失を免れた家屋は全て蔵造りであったことから、大火後には200棟を越える蔵作りが建設され、現在のような蔵造りの町並みとなっていった。

レビュー

  • 川越大火でも消失を逃れた建物。
  • 現存する関東最古の蔵造りの建物。
 

天気・日の出・日の入

朝焼け 日の出 南中 日没 夜景
06:10~ 06:38 11:33 16:27 16:56~