タビマメ
GPS hotel 路線検索

森鴎外旧居

明治の文豪・森鴎外(もりおうがい)が陸軍第12師団軍医部長として小倉に赴任した際の1899年(明治32年)から約1年半を過ごした家。この家では「我をして九州の富人たらしめば」「鴎外漁史とは誰ぞ」等が執筆され、帰京後書いた小説「鶏」は、この家を舞台にしたものといわれる。昭和57年に復元された。

森鴎外

森鴎外(1862年~1922年)は明治時代を代表する小説家。陸軍軍医になり、陸軍省派遣留学生としてドイツで4年過ごした。
営業時間
  • 10:00~16:30
  • 休館日 …月曜、祝日
料金無料
住所 福岡県北九州市小倉北区鍛冶町1丁目7-2
アクセスJR小倉駅から徒歩10分

レビュー

  • ついでに小倉極めるぞ!の勢いで森鴎外旧居

    1年以上前
 

天気・日の出・日の入

朝焼け 日の出 南中 日没 夜景
06:20~ 06:47 12:00 17:14 17:40~