タビマメ
GPS hotel 路線検索

善光寺

伝承では、百済の聖明王(せいめいおう)から贈られた阿弥陀如来像が、難波(大阪)に捨てられていたのを本田善光が信濃(長野県)に運び、堂宇をたてて安置したのが始まりと云われる。その後、皇極天皇の勅願により644年に伽藍が造営され、本田善光の名を取り「善光寺」と名付けられた。本尊の一光三尊阿弥陀如来は、西暦552年(飛鳥時代)に日本へ伝わってきた日本最古の仏像と言われている。絶対秘仏とされており非公開のため、代わりに前立本尊が7年に一度御開帳されます。
  • 戦国時代
  • 戦国時代に武田信玄が善光寺を組織ごと甲府に移したのきっかけに、ご本尊は織田信長、最後には豊臣秀吉の手に渡り、京都・方広寺の御本尊として安置されていた。豊臣秀吉の死の直前、如来様が枕元に立ち信濃に戻りたい旨を告げ、1598年に善光寺に戻ってきた。
住所 長野県長野市元善町491
アクセスJR・長野駅→善光寺口バスロータリー①「善光寺方面行き」→約15分→バス停・善光寺大門→徒歩約5分
山号定額山
宗派無宗派
創建年644年
開基伝皇極天皇

レビュー

  • 日本にはじめて持ち込まれたとされる仏像(秘仏)が安置されています。
  • 善光寺(長野県)~数え年で7年に1度。秘仏である御本尊の分身「前立本尊」が御開帳。触れると御利益がある「回向柱」も建てられます。

    1年以上前
  • 本日から七年に一度の御開帳が行われている善光寺バージョンのどん兵衛!善光寺の地下?にある回廊巡りで体験したことのないくらいの暗闇が味わえるので、足を運んだら是非歩いてみてほしいです!#善光寺 #御開帳

    1年以上前
 

天気・日の出・日の入

朝焼け 日の出 南中 日没 夜景
04:39~ 05:06 11:51 18:35 19:03~