福井県 GPS hotel
tabimame

一乗谷朝倉氏遺跡(一乗谷城)


住所 福井県 福井市
一乗谷朝倉氏遺跡(いちじょうだに-)は、越前国を支配し築きあげた朝倉氏の遺跡。山頂(標高473m)に築かれた一乗谷城と山麓の城下町からなる。

あらまし

応仁の乱(1467年~1477年)の最中の1471年に朝倉敏景がここに本拠を移したと言われる。荒廃した京から公家・高僧などがここに避難してきた。最盛期には人口1万人を超え「北の京」と呼ばれるほどとなった。しかし1573年に織田信長と朝倉義景との合戦(一乗谷城の戦い)で大敗し一帯は灰燼に帰した。

写真

動画

  • 動画(1)

    一乗谷 朝倉氏遺跡 庭園跡