タビマメ
GPS hotel 路線検索

養浩館庭園

養浩館庭園(ようこうかんていえん)は、福井藩主松平家の別邸で、江戸時代には「お泉水屋敷」と呼ばれていた。「養浩館」の名前は明治になり藩主であった松平春嶽が名付けたもの。昭和20年の福井空襲により焼失ししばらくは修復されなかったが平成5年に修復・復元が完成した。
営業時間
  • 午前9時 ~ 午後7時
  • 11月6日から2月末日までは午後5時で閉園
料金一般 210円、歴史博物館との共通券 330円
住所 福井県福井市宝永三丁目
アクセス
  • JR西日本・えちぜん鉄道 福井駅から徒歩約15分
  • えちぜん鉄道 新福井駅から徒歩約10分
  • 福井鉄道 仁愛女子高校駅から徒歩約10分

レビュー

  • 初めて福井市の養浩館庭園へ訪れました。 数寄屋造りの御茶屋から望む風景は心洗われる素敵な庭園でしたよ\(^o^)/

    1年以上前
  • 久しぶりの養浩館。いつ来ても癒されます♪

    1年以上前
  • 養浩館庭園 住宅街の真ん中にひっそりと佇む名勝。 ここだけ隔離されるかのように都市の喧騒を厭わない。

    1年以上前
  • 養浩館は新緑でした(* ̄∇ ̄)ノ お茶席で煎茶を頂いてきました。

    1年以上前
 

天気・日の出・日の入

朝焼け 日の出 南中 日没 夜景
04:42~ 05:09 12:00 18:51 19:18~