タビマメ
GPS hotel 路線検索

筑前国分寺

奈良時代に聖武天皇の詔により建立された国分寺の一つ。創建時の史跡である筑前国分寺跡には塔跡などが残り、約192m四方の寺域に金堂・七重塔・講堂などがあったと云われる。江戸時代には廃絶していたが、江戸時代後期になり現・国分寺も再興された。
住所 福岡県太宰府市国分4-13-1
豆知識七重の塔の1/10サイズの復元模型は太宰府市文化ふれあい館の屋外に展示されている。

レビュー

  • 奈良時代の塔跡などが残っています。
  • レビュー写真
    境内
  • レビュー写真
    塔跡
  • レビュー写真
    国分寺(現寺院)
  • レビュー写真
    塔跡が残る。
  • レビュー写真 レビュー写真
    国分寺跡
  • レビュー写真
    入口
  • レビュー写真
    本堂
  • レビュー写真
    説明
  • 太宰府の見所【エリア別】

    太宰府は7世紀後半の九州の政治外交の中心地。菅原道真ゆかりの太宰府天満宮、古代の政治の中心地・大宰府政庁跡、縁結びの竈門神社などのスポットがあります。

 

天気・日の出・日の入

朝焼け 日の出 南中 日没 夜景
06:25~ 06:51 12:03 17:14 17:40~