タビマメ
GPS hotel 路線検索

天麟院

天麟院(てんりんいん)は、伊達政宗の長女・五郎八姫(いろはひめ)の菩提寺。大変美しく聡明な姫だったと云われる。1606年に五郎八姫は、徳川家康の六男であり越後高田藩初代藩主・松平忠輝の正室となったが、忠輝は父・徳川家康などとの不和や、大阪夏の陣での遅参等により、1616年に改易されたため、五郎八姫は離縁され仙台へ戻り仏門へ入った。
料金無料
住所 宮城県松島町

レビュー

  • レビュー写真
    大理石像
  • レビュー写真
    入口
 

天気・日の出・日の入

朝焼け 日の出 南中 日没 夜景
06:14~ 06:44 11:30 16:15 16:45~