タビマメ
GPS hotel 路線検索

五大堂

五大堂は、瑞巌寺の仏堂にあたるお堂。807年に坂上田村麻呂が毘沙門堂を建立し、828年に慈覚大師(円仁)が延福寺(現・瑞巌寺)を開基した際、五大明王像を安置したことから、五大堂と呼ばれる。現在の建物は伊達政宗が1604年に再建したもの。秘仏・五大明王像は、五代藩主・吉村が御開帳した1700年代以来、33年に一度御開帳されるようになった(前回は2006/8/18~8/20)。
料金無料
住所 宮城県宮城郡松島町字町内
アクセスJR仙石線・松島海岸駅→徒歩7分
宗派臨済宗妙心寺派
本尊五大明王
創建年807年
開基坂上田村麻呂
重要文化財五大堂、木造五大明王像

レビュー

  • 松島のシンボル。1604年の古いお堂です。渡る時に通る橋は足元注意。
  • お堂に祀られている五大明王像は33年に一度だけ御開帳されます。次は2039年予定。
  • 拝観は無料で自由に見学ができますが、日没頃には閉門されます。
  • すかし橋は本当に透けているので足元注意です。歩きスマホしてるとケガします・・・。
    まろもんず 04月20日
  • レビュー写真 レビュー写真
    五大堂
  • レビュー写真
    遊覧船
  • レビュー写真
    五大堂縁起 平安時代初期の807年、坂上田村麻呂がこの島に毘沙門堂を建て、828年、慈覚大師が瑞巌寺の前身・松島寺を建てて、ここに五大明王を祀り、 五大堂と呼ぶようになった。現在の建物は1604年に伊達政宗が紀州(和歌山県)の名工鶴衛門家次に命じて建立した。~国重要文化財に指定されている。
  • レビュー写真
    五大堂は瑞巌寺守護のために五大明王が祀られている堂宇。
  • レビュー写真
    すかし橋と五大堂
  • レビュー写真
    屋根の亀
  • レビュー写真
    入口
  • レビュー写真
    略起
  • レビュー写真
    景色
  • レビュー写真
    境内
 

天気・日の出・日の入

朝焼け 日の出 南中 日没 夜景
05:23~ 05:49 11:20 16:51 17:17~