タビマメ
GPS hotel 路線検索

長谷寺

長谷寺
源氏物語の玉鬘の巻に登場する二本の杉(ふたもと-)。
謠曲「玉鬘」と二本の杉
謠曲「玉鬘」は源氏物語玉鬘ノ巻に拠ったもので、初瀨詣の旅僧の前に現われた玉鬘の 霊が、僧を長谷寺の二本の杉の下へ案内し、この杉の下で亡母の侍女右近とめぐりあった話を述べるという物語になっている。玉鬘は、光源氏と契り生霊にとりつかれて死んだ夕顔の娘で、故あって筑紫へ身を隠すが、母に会いたい一心で筑紫から舟で大和に至り長谷へ祈願のため来たところ右近と巡りあい母の死を知るわけである。長谷寺の観音信仰はそのような願いを示現してくれるというので王朝時代から盛んだったという。
長谷寺
謠曲「玉鬘」と二本の杉
長谷寺
二本の杉