タビマメ
GPS hotel 路線検索

光則寺

長谷の花寺として知られる光則寺(こうそくじ)。紫陽花や桜の他、本堂前の樹齢200年といわれるカイドウは、鎌倉三大カイドウの一つとされています。

歴史

五代執権・北条時頼の家臣である宿谷光則(やどやみつのり)が、自邸を寺としたのが始まり。日蓮が佐渡に流刑となる龍ノ口法難(1272年頃)の時に、日蓮とともに捕らえられた弟子・日朗がここの土牢に幽閉された。その時、監視役だった宿谷光則は、弟子・日朗の身を案じ続ける日蓮に心を打たれ、日蓮の放免後は、自邸を寺として、日朗を開山と仰ぎ1274年に創建した。現在の本堂は1650年に建てられたもの。
住所 神奈川県鎌倉市長谷3-9-7
アクセス江ノ電・長谷駅から徒歩約5分 …詳細はこちら
豆知識日蓮が後の安国論寺で著した「立正安国論(1260年頃)」は、日蓮が長谷にある宿谷光則の邸宅を訪問し、宿谷光則の父・行時の手で北条時頼に渡されたと言われる。これがきっかけで日蓮は1261年に伊豆へと流刑となった。

レビュー

  • レビュー写真
    見学料は、100円を投入れます。
  • レビュー写真 レビュー写真
    日蓮の弟子・日朗上人の土の牢。
  • レビュー写真
    周辺の景色
  • レビュー写真
    日朗上人の土の牢はちょっと奥のほうにあり、階段をちょいちょい登ります。
  • レビュー写真
    光則寺へは、長谷観音交差点の近く道に入ります。この石碑が目印です。
  • レビュー写真
    本堂前のカイドウは樹齢200年ともいわれ有名で、4月頃が見頃です。
  • レビュー写真
    たくさんの草花が出迎えてくれます。
  • レビュー写真
    寺内に入って右側にあります。
  • レビュー写真
    光則寺へ
  • レビュー写真
    紫陽花
  • レビュー写真
    入口
  • レビュー写真
    本堂
  • 【光則寺】 長谷寺の北に、光則寺というお寺があります。漱石はこの近くにあった友人の別荘を何度か訪れました。また、境内には宮沢賢治の「雨ニモマケズ」の詩碑があります。

    1年以上前
  • 長谷寺のとなりの光則寺は小さな静かなお寺だが、季節毎に行ってみたい寺だった。庭に植えてある山野草と茶花の手書きマップが置いてあり、中でも花海棠、紅白梅の古木が花を咲かせる春はどんなに見事だろうと想いを寄せる。

    1年以上前
  • 光則寺には、市の天然記念物に指定され、神奈川県の「名木100 選」にも選ばれた樹齢200年余りのカイドウの巨木などが植えられている。

    1年以上前
  • 光則寺は素朴な可愛いお花が沢山。お寺の方が細かくお花の名前を書いてくださった地図が入口にあり、とっても親切です(*Ü*)

    1年以上前
  • 光則寺には紫陽花や菖蒲などたくさんの花が咲いていました。

    1年以上前
  • 光則寺を山の斜面から見下ろす。

    1年以上前
  • 長谷(鎌倉)周辺の紫陽花巡り

    「鎌倉の大仏」で有名な長谷エリアですが、アジサイの時期になるとそれ以外の寺院巡りが人気を集めます。特に長谷寺と成就院の紫陽花ロードは見応えがあり、多くの人で賑わ...

 

天気・日の出・日の入

朝焼け 日の出 南中 日没 夜景
06:08~ 06:35 11:32 16:29 16:57~