タビマメ
GPS hotel 路線検索

武家屋敷(塩見縄手)

松江城の北側、江戸時代に中級武士の屋敷が立ち並んでいた塩見縄手。そこに今も現存する侍屋敷は、博物館として公開されており武器、化粧道具、武士の日用品などが展示されています。建物は1733年(享保18年)頃に建てられたもので、明治維新まで松江藩の中級武士の住居として使用されていました。
営業時間
  • 4月~9月 8:30 ~ 18:30(入館は18:10まで)
  • 10月~3月 8:30 ~ 17:00(入館は16:40まで)
  • 年中無休
料金大人 300円、小・中学生 150円

4館共通券

住所 島根県松江市北堀町塩見縄手305
アクセス
  • 山陰本線 松江駅→松江レイクライン(バス)→バス停「塩見縄手」下車(約15分)→徒歩約4分

天気・日の出・日の入

朝焼け 日の出 南中 日没 夜景
04:40~ 05:09 12:14 19:19 19:47~

レビュー

クリア