タビマメ
GPS hotel 路線検索

小泉八雲旧居

日本と松江を西洋世界に紹介、怪談「耳なし芳一」や「雪女」の作者として知られる小泉八雲ことラフカディオハーンとと、元松江藩士の娘セツが、1891年(明治24年)の5月から熊本に転任する11月までの6か月の間、新婚生活を過ごした邸宅。ここで小泉八雲は「知られざる日本の面影」「松江の印象記」など多くの原稿を書き上げた。
営業時間
  • 3月~11月 9時~17時(受付は16時40分まで)
  • 12月~2月 10時~16時40分(受付は16時30分まで)
料金大人 300円、小・中学生 150円

4館共通券

住所 島根県松江市北堀町315
アクセスJR松江駅よりレイクラインバスで小泉八雲記念館前バス停下車

レビュー

 

天気・日の出・日の入

朝焼け 日の出 南中 日没 夜景
05:26~ 05:52 12:02 18:12 18:37~