海外 GPS hotel
tabimame

ヴァルベリ無線電信局


住所 スウェーデン
1922-1924年にスウェーデンに建設され1950年代まで主にアメリカのロングアイランドにある Radio Central との大西洋を横断する無線電信の送信に使われた。建設された1920年代のスウェーデンは貧しい国で4人に1人はアメリカに移住した時代。移住した家族・友人に電報を送る目的で建設されました。

世界遺産(2004年登録)

無線通信のうんちく

携帯電話ではプラチナバンド(800MHz周辺)が繋がりやすいと有名ですが、この無線局ではずっと低い17.2KHzの周波数(超長波:VLF(3~30KHz))、波長にすると10~100キロメートルが使用されていました。周波数が低い(波長が長い)ほど、地面や海と電離層に反射し遠くまで届ける(送れる情報量は少なくなりますが)ことができるため、大西洋を横断する事ができます。

潜水艦との無線通信

VLF(very low frequency)帯は水中での減衰が少ないため,潜水艦などの通信に用いられる帯域です。ヴァルベリ無線電信局でも1950年代~1996年の間は潜水艦への送信も行われ、1968年には2台目の送信機(周波数40kHz付近)が導入されました。