海外 GPS hotel
tabimame

ムゼウムスインゼル(博物館島)


住所 ドイツ
「博物館島」として知らるベルリンのムゼウムスィンゼル(Museumsinsel)は、中州に5つの美術館・博物館が集まっており、1999年に世界遺産に登録されている。

旧博物館 (Altes Museum)

旧博物館 博物館島では最も古く、18世紀ドイツの著名な建築家カール・フリードリッヒ・シンケルが設計したことで知られる。国王フリードリヒ・ヴィルヘルム3世が王室の美術コレクションを公開する目的で1823年~1830年に建築。1階には古代ギリシアの美術品が常設展示され、2階は特別展示会が開催される。

新博物館 (Neues Museum)

新博物館 シンケルの弟子のアウグスト・シュテューラーの設計により1859年に完成。第二次世界大戦で崩壊したが、2009年10月に再建され再開館。エジプト美術および先史時代の遺物を見ることができ、古代エジプトの「ネフェルティティの胸像」が特に有名。

旧国立美術館

旧国立美術館 銀行家ヨアヒム・ヴァグナーが、自信の所蔵する19世紀の美術品を寄贈したことに始まる。古典主義、ロマン主義、ビーダーマイヤー様式、印象派、初期モダニズムの絵画を所蔵しており、19世紀の彫刻、絵画の収集数はドイツ有数。

ボーデ博物館 (Bode Museum)

ボーデ博物館 1904年にフリードリヒ博物館として開館。彫刻美術とビザンティン美術を主体に2006年10月17日に再開業した。

ペルガモン博物館 (Pergamon Museum)

ペルガモン博物館 1930年に開館。ギリシャ、ローマ、中近東のヘレニズム美術品、イスラム美術品などを展示する。ペルガモンの「ゼウスの大祭壇」(紀元前180年-160年頃)、バビロニアの「イシュタール門」(紀元前560年頃)、エーゲ海の古代都市ミレトスにあった「ミレトスの市場門」などが有名。

写真

動画

  • 動画(1)

    世界遺産ベルリン博物館島

  • 動画(2)

    ペルガモン博物館 「ミレトスの市場門」

  • 動画(3)

    ペルガモン博物館「ゼウスの大祭壇」

  • 動画(4)

    ペルガモン博物館 「バビロニアイシュタール門」