タビマメ
GPS hotel 路線検索

ヴァルトブルク城

ドイツのアイゼナハにあるヴァルトブルク城。城内へはガイドツアーで見学ができます。1067年に国境警備施設として築城が開始され、様々な時代に拡張された。ヴァイマル公国の宰相とにもなった小説家・詩人のゲーテ(1749~1832年)はルターを尊敬しており、アイゼナハの地を訪れて古城の補修を指示した。1999年に世界遺産に登録された。

聖エリザベートの居間

エリザベートの居間 ドイツ人が敬愛する聖人の一人、部屋にはエリザベートの生涯が描かれている。 聖エリザベート ハンガリー王の娘エリザベート(1207年7月7日~1231年11月17日)は、4歳でヴァルトブルク城に嫁ぎ、14歳でルードヴィッヒ4世(テューリンゲン方伯)と結婚。政略結婚だったが仲睦まじい結婚生活を送っていた。しかし第6回十字軍に参加したルードヴィッヒ4世は27歳の若さで戦死し、その後エリザベートは城を追い出された。エリザベートは聖フランシスコ会に入会し、財産を寄付し病院を設立。貧しい生活を送りながら病人のために尽くし、24歳でなくなった。
エリザベートが宮廷を抜け出し、レプラ患者救済に従事していたことを非難されたとき、ルートヴィヒ4世は妻を庇っていたという逸話がある。

歌合戦の間

ヘルマン1世(1190~1216年)の時代に盛んに行われた歌合戦。騎士達が歌・詩で競いあった。敗者が死刑になるという歌合戦の伝説もあり、その話を題材に、ワーグナーが「タンホイザー」というオペラを作曲した。

ルターの部屋

ルターの間 1521年に異端者の判決を受けたルターは、城主のフリードリヒ3世によりこの城に匿われ、この部屋で聖書をドイツ語に訳したと言われる。ルターが悪魔にインク瓶を投げつけたというインクの染みが残る。
住所 ドイツ
豆知識アイゼナハは作曲家ヨハン・セバスチャン・バッハ(1685~1750年)が生まれた地。

レビュー

  • 明日は早退して「タンホイザー」を観に行く。去年ヴァルトブルク城へ行って歌合戦をした広間を見学したので、どうしても観たいのです。

    1年以上前
  • とりあえずお城があるってことでヴァルトブルク城まで山登りしたけど、ルターが論題貼り付けた後にここにかくまわれていたことや、ターンホイザーの舞台だと後で知った。老婆とぺちゃくちゃおしゃべりしてる場合じゃなかったな。

    1年以上前
 

天気・日の出・日の入

朝焼け 日の出 南中 日没 夜景
11:17~ 12:03 20:19 04:35 05:21~