タビマメ
GPS hotel 路線検索

桃巌寺・名古屋大仏

桃巌禪寺(とうがんぜんじ)は、織田信長の弟・織田信行が父・信秀の菩提を弔うために建立した寺院。坐高10m(台座も含め15m)の大仏は1987年(昭和62年)に建立されたもので、名古屋大仏の愛称で知られている。。
営業時間夏季9:00~18:00
冬季9:00~17:00
料金無料
ねむり弁天拝観料 1,000円 *年に2回御開帳
住所 愛知県名古屋市千種区四ツ谷通2-16
アクセス地下鉄東山線・本山駅→徒歩5分
豆知識
  • 桃巌寺の寺名は織田信秀の法名「桃巌道見大禅定門」より。
  • 直径1mの「日本一の木魚」。胸を露にし横たわる「ねむり弁天」が有名。
  • ねむり弁天は1/1~1/5と5/7~5/8の年に2回御開帳が行われる。
山号泉龍山(せんりゅうさん)
正式名泉龍山 桃巌寺
別称東山辯天
宗派曹洞宗
本尊聖観世音菩薩
創建年天文年間(1532年~1554年頃)
開基織田信秀

レビュー

  • 緑色の大仏様がいます。
  • 織田信長の弟が建立した寺院。
  • 期間限定で公開されるセクシーな眠り弁天様や、男根など、ちょっと秘宝館チック。
  • 次は、千種区本山の桃巌寺に行きました。大仏様や横たわっているねむり辯天様やラマ仏など、インドの要素がある興味深い仏像が色々と祀られていました(´∀`*)静かな場所でゆっくり見る事が出来て心が安らぎました。(^▽^)

    1年以上前
 

天気・日の出・日の入

朝焼け 日の出 南中 日没 夜景
05:56~ 06:23 11:36 16:49 17:15~