タビマメ
GPS hotel 路線検索

楽山大仏

中国・四川省楽山市にある磨崖仏「楽山大仏」。大きさは奈良の大仏の5倍の71mもあり見るものを圧倒する。川を航行する船の安全を願い、僧の海通が発願し713年から90年の歳月をかけて造られた。1996年「峨眉山と楽山大仏」として世界遺産に登録された。
住所 中国 四川省

天気・日の出・日の入

朝焼け 日の出 南中 日没 夜景
06:37~ 07:04 14:06 21:07 21:34~

レビュー

  • 世界遺産の峨眉山と楽山大仏を保護するために、中国は20年で5億ドル(約570億円)以上を費やしてきた。峨眉山と楽山大仏は1996年に世界遺産に登録された。

    1年以上前
  • 楽山大仏。713年に民衆の手により製作が開始された。弥勒菩薩をかたどった物で、世界最大かつ最長の仏像。顔だけで畳100畳分の大きさである。東大寺の大仏の5倍に匹敵する。(四川省)

    1年以上前
クリア