タビマメ
GPS hotel 路線検索

マカオ歴史地区

中国の特別行政区マカオ(澳門)は1999年までの約450年はポルトガル領として栄えた、中国とポルトガルの両国民が文化を融合・共有してきた世界でも稀な異文化・異国共存の地であり、中国の明王朝時はマカオは国際貿易港・世界への窓口の役割を認めてきた。建築物や雰囲気など東西文化の共存を見る事ができる。町全体は世界遺産ではあるが、現在もマカオ市民の生活エリアでもある。
住所 中国 マカオ
アクセス
  • 成田から
  • 成田→(飛行機で約5時間30分)→マカオ国際空港→マカオ国際空港→車で約15分→マカオ歴史地区…車で15分
  • マカオ国際空港(24時間)
  • 中国、東京、大阪、シンガポール、バンコク、クアラルンプールなどとの定期便がある。
豆知識
  • 日本とマカオ
  • アジア貿易の独占を狙うポルトガルは日本の銀に目をつけ、日本との貿易で大量の銀を手に入れることでも繁栄していった。またそれにともない日本にもパイプオルガン、活版印刷、イソップ物語などの西洋文化が入り込んでいった。
  • 世界一のカジノ
  • 今ではラスベガスをぬいて世界一のカジノとして賑わっている。
登録古跡22の建造物と8カ所の広場が「マカオ歴史市街地区」として2005年7月に世界文化遺産に登録。
媽閣廟、港務局、鄭家屋敷 - 思想家鄭観応の故居、聖ローレンス教会、聖ヨゼフ修道院及び聖堂、ドン・ペドロ5世劇場、ロバート・ホー・トン図書館、聖オーガスティン教会、民政総署、三街会館、仁慈堂、大堂(カテドラル)、盧家屋敷、聖ドミンゴ教会、聖ポール天主堂跡、ナーチャ廟、旧城壁、モンテの砦、聖アントニオ教会、カーザ庭園、プロテスタント墓地、ギア要塞、リラウ広場、聖オーガスティン広場、セナド広場、バラ広場、大堂広場、聖ドミンゴ広場、イエズス会紀念広場、カモンエス広場
  • セナド広場
  • マカオの中心の広場
  • 民政総署
  • ポルトガル建築の最高傑作ともいわれ、中国に返還されるまでは政府の中心部。
  • 聖ヨセフ教会・
  • 日本の歴史でも登場する宣教師ザビエル(日本に初めてキリスト教を布教)の右腕の骨は聖ヨセフ教会の祭壇に祀られている。
  • ギア要塞・
  • 港町の要塞として灯台や大砲などがある。
  • 仁慈堂・
  • アジア初の西洋式の病院。その当時から無料で医療を受けることができた。

レビュー

 

天気・日の出・日の入

朝焼け 日の出 南中 日没 夜景
06:52~ 07:14 13:18 19:22 19:45~