バンディアガラの断崖

ドゴン族の居住地でもある「バンディアガラの断崖」高さ500m、幅は150kmにも及びここにドゴン族は700の集落を作り約25万人暮らしている。伝統芸の仮面をつけた踊りはピカソなどヨーロッパの芸術に多大な影響を及ぽしたといわれ、「ノンモ」など独自の宗教・神話を継承している。1989年に世界遺産に登録された。

ノンモ(Nonmo)とシリウス(おおいぬ座の恒星)の逸話

  • ノンモはドゴン族に伝わる神・精霊。
  • 回転する船に乗ってオゴ(人類)の地に降り、人類に文明を与えた。
  • 上半身は人で、下半身は蛇、手に関節が無く、舌は二股に分かれている姿。
  • シリウスにある惑星「ニャン・トロ」から来た。
  • 目では見えない「ポ・トロ(シリウスB)」は、「母なる星(シリウスA)」の周りを50年で周回する。
  • 「母なる星(シリウスA)」には、「エンメ・ヤ(シリウスC…未確認)」が周っている。
  • 「エンメ・ヤ(シリウスC)」の周りを、ノンモの住む「ニャン・トロ」という惑星が回っている。

レビュー

レビュー・写真を投稿する
クリア
  • 【マリ】バンディアガラの断崖 標高差約500m、幅約200kmの断崖に独自の宗教文化を築いたドゴン族。14世紀初頭、西アフリカの奴隷狩りやイスラム化を逃れ、マリ中央部ニジェール川流域の断崖に移り住んだ。

    3ヶ月前

ぶらぶらする

 

天気・日の出・日の入

朝焼け
14:52~
日の出
15:13
南中
21:19
日没
03:25
夜景
03:47~
住所
マリ
観光スポット・カフェ・ホテルを
地図・GPSで検索