タビマメ
GPS hotel 路線検索

バレッタ市街

マルタ共和国の首都ヴァレッタ。聖ヨハネ騎士団の時代以降の多くの建造物が残る。当時はヨーロッパの上流階級の間でも「最も高貴な都市」と呼ばれていた。1980年にユネスコの世界文化遺産に登録された。
  • 聖ヨハネ騎士団
  • ホスピタル騎士団とも呼ばれる。聖地巡礼に訪れたキリスト教徒の保護、聖地防衛の主力として活躍した。後にロードス騎士団、マルタ騎士団と本拠地とともに呼び名も変わる。
  • バレッタの歴史
  • 1565年のマルタ大包囲戦でオスマン帝国軍を撃退したマルタ騎士団(聖ヨハネ騎士団)が、今後の襲来に備えて建設を行った城塞都市。海岸に沿うように城壁を作った。またこの時代に造られた「聖ヨハネ大聖堂」や「騎士団長の宮殿」などの遺産も数多く残されています。
  • 名前の由来
  • バレッタという都市の名前は聖ヨハネ騎士団総長のジャン・ド・ヴァレットにちなみ命名されたと言われています。
住所 マルタ
主な歴史的建築物
  • 勝利の聖母教会
  • 16世紀半ばに建造されたバレッタ最古の建築物。
  • マルタ騎士団総長館
  • 現マルタ共和国大統領府兼国会議事堂。武器庫は博物館となっており見学ができる。
  • カスティーリャ騎士館
  • 現マルタ共和国首相官邸。かつてはカスティーリャ出身の騎士団員の宿舎。
  • 聖ヨハネ准司教座聖堂
  • 1578年完成。マルタ騎士団の聖堂。本堂では多くの騎士が眠る。小礼拝堂には、カラヴァッジオ(1571年~1610年)の「洗礼者聖ヨハネの斬首」「聖ヒエロニムス」が展示されている。

天気・日の出・日の入

朝焼け 日の出 南中 日没 夜景
12:15~ 12:45 20:03 03:21 03:51~

レビュー

クリア