タビマメ
GPS hotel 路線検索

蘆花恒春園

蘆花恒春園(ろかこうしゅんえん)は明治・大正の文豪、徳富蘆花の旧宅が東京都に寄贈されたことから始まる都立公園。現在でも徳富蘆花の旧宅を見る事ができます。またドッグランも利用できます。
営業時間常時開園
蘆花記念館などは、日中の時間帯のみ
料金無料
住所 東京都世田谷区粕谷一丁目
アクセス京王線・芦花公園駅または八幡山駅から徒歩15分

レビュー

  • 例年、紅(黄)葉の見ごろ遅めの蘆花恒春園ですが、児童公園のイチョウがだいぶ色づいてきました。ほかに草地広場にもイチョウの木がありますが、一面の黄色じゅうたん~はもう少し先になりそうです。

    1年以上前
  • 【蘆花恒春園情報】秋水書院前「身代わり地蔵」の傍で咲いているのはセンリョウです。正月飾りに赤や黄色の実が使われますが、花はこんな薄黄色のつぶつぶなのです。

    1年以上前
  • 【蘆花恒春園情報】梅雨の晴れ間,、花の丘では真っ白なアナベル(アジサイ)と色とりどりの花壇の花が青空に映えています。園内散策の際は熱中症にお気をつけてくださいね。

    1年以上前
  • 【蘆花恒春園情報】花の丘~アスレチック広場でノリウツギが咲き始めました。枝の芯が空洞で、樹液を和紙漉きの糊に使うことから「糊空木」。アジサイの仲間で、なんとなくガクアジサイに似ていますね。

    1年以上前
 

天気・日の出・日の入

朝焼け 日の出 南中 日没 夜景
03:55~ 04:25 11:42 18:59 19:29~