タビマメ
GPS hotel 路線検索

太宰治まなびの家(旧藤田家住宅)

「走れメロス」「人間失格」などの著書で知られる太宰治(津島修/1909~1948)が、1927年(昭和2年)~1930年(昭和5年)まで、官立弘前高校(弘前大学の前身)へ通うため下宿していた親戚の家。太宰治が使用した部屋・机・落書きなどが残されており、1929年には睡眠薬(カルモチン)による自殺を図った。
営業時間午前10時~午後4時
料金無料
住所 青森県弘前市大字御幸町

レビュー

  • 太宰治が17歳頃から3年間下宿していた邸宅。
  • 常駐ガイドさんが詳しく説明していただけました。
  • 弘前の隠れた観光名所です。レンタサイクルだとアクセスが便利です。
  • レビュー写真
    太宰治が書いた落書きの数式
 

天気・日の出・日の入

朝焼け 日の出 南中 日没 夜景
06:17~ 06:48 11:29 16:10 16:41~