タビマメ
GPS hotel 路線検索

琴似神社

この地に屯田兵が入植した時に、一部の兵の出身地であった仙台藩亘理伊達氏の祖・伊達成実を武早智雄神として祀る武早神社が1875年(明治8年)に創建されたのが始まり。1897年(明治30年)には琴似神社に改称され、現・北海道神宮から国土開拓の神・大国主大神、伊勢神宮から天照大御神と豊受大神が分霊された。
住所 北海道札幌市西区琴似1条7丁目1-30
アクセス地下鉄東西線・琴似駅→徒歩5分
JR・琴似駅→徒歩15分
主祭神天照大御神、豊受大神、大国主命、武早智雄神、土津霊神
創建1875年

レビュー

  • 札幌の開拓に尽力した屯田兵のゆかりの神社。
  • 周辺は交通量も多くて賑やかな場所です。
  • 歩いてちょっとのところに琴似屯田兵村兵屋跡があります。
  • レビュー写真 レビュー写真 レビュー写真 レビュー写真
    境内
  • レビュー写真 レビュー写真
    説明
  • レビュー写真 レビュー写真 レビュー写真
    入口
  • レビュー写真 レビュー写真
    周辺
  • 琴似神社。琴似に屯田兵が入植した際に共にできた神社、その裏手には復元された屯田兵屋が。 その向かいには木々の残る一角と開拓の記念碑、そして当初の琴似の街並みの写真が。一面の荒野だったのだな……

    1年以上前
 

天気・日の出・日の入

朝焼け 日の出 南中 日没 夜景
06:27~ 06:59 11:30 16:00 16:32~