タビマメ
GPS hotel 路線検索

タウシュベツ川橋梁

糠平湖にあるアーチ橋。もともとは、旧国鉄の士幌線が1939年(昭和14年)に十勝三股駅まで開通した際に、タウシュベツ川に架けられた橋。1955年に糠平ダムが建設された際に橋梁部分が取り残される事となった。時期によって水位が大きく変化し様々な景観を見せるため「幻の橋」とも呼ばれる。
住所 北海道上士幌町
豆知識第1回北海道遺産で選定された「旧国鉄士幌線コンクリートアーチ橋梁群」の1つ。

レビュー

  • んでそのまま糠平湖の東側を通って湖南端から国道へ戻れたんだが。 タウシュベツ川橋梁を反対の側から見られる場所もいっとき有名になってたっけ。

    1年以上前
  • タウシュベツ川橋梁!

    1年以上前
 

天気・日の出・日の入

朝焼け 日の出 南中 日没 夜景
04:04~ 04:35 11:31 18:27 18:57~