タビマメ
GPS hotel 路線検索

羅須地人協会

羅須地人協会(らすちじんきょうかい)は、1926年(大正15年)に岩手県立花巻農学校(岩手県立花巻農業高等学校の前身)を退職した宮沢賢治が稲作法や農民芸術論などを講義するために設立した私塾。宮沢家の別宅を改造して建てられた。
営業時間9:00~16:00
*定休日 12~3月閉館
料金無料
住所 岩手県花巻市葛1-68 県立花巻農業高等学校地内

レビュー

  • 宮沢賢治は農民のように身を粉にして働きたいと考え、教師を辞めて、父の荒野を開墾し羅須地人協会を作り農業指導を行い、肥料についての知識の豊富さから砕石工場に就職し持ち前の文才を生かし商品名やキャッチコピーを考える事などする。処があまりにも仕事をしすぎたためか2年半で病に倒れてしまう

    1年以上前
  • 宮沢賢治の羅須地人協会のあった下根子桜は生垣の続く迷路めいた集落で、獅子舞の一行が歩いているのを見かけた。閉じてひっそりとしていて、訪れた時にはそれが何故だか分からなかった。ずっと後になって隠し念仏の集落であったのを知った。

    1年以上前
 

天気・日の出・日の入

朝焼け 日の出 南中 日没 夜景
06:08~ 06:38 11:25 16:12 16:41~