タビマメ
GPS hotel 路線検索

アヌラーダプラ

仏教が最初に伝来した「仏教文化最古の地」として知られるアヌラーダプラは、2500年も前の紀元前5世紀から紀元11世紀の間、王都また仏教の都として栄えた街。今でもその栄華の跡を見る事ができます。1982年に、世界文化遺産として登録された。

イスルムニア精舎

紀元前3世紀デーワーナンピヤ・ティッサ王により創建されたスリランカ最古の僧院。「ロック・テンプル」と言い、岩をくり抜き造られている。

スリー・マハー菩提樹(-ぼだいじゅ)

人間の手により植樹された樹木では最古のアヌラダープラにある菩提樹。紀元前3世紀にインドの王妃が、ブッダ(釈迦)が座り悟りを開いたブッダガヤの菩提樹の苗木を運び、デーワナンピヤ・テイツサ王がこのアヌラダープラに植樹したもの。

ルワンウェリ・サーヤ大塔

高さ55m(創建当初は110m)のドーム型の巨大な塔。紀元前2世紀ドゥッタガーマニー王により建設された。

トゥーパーラーマ・ダーガバ

紀元前4世紀に建てられたアヌラーダプラ最古のダーガバ(仏塔)。仏陀の右鎖骨を祀るために建てられた。

ジェータワナ・ラーマヤ大塔

紀元3世紀にマハーセーナ王の命により建立。高さ70m(創建当初は122メートル)ありさらに高さ30メートルの水晶の柱が立っていたと言われている。また1982年に、9世紀前後にサンスクリット語で記された貴重な経典が発見された。

アヌラーダプラの滅亡

1400年の歴史を持つ大都市アヌラーダプラは、1017年にヒンズー教の王国チョーラに攻められ滅亡する。その時にアヌラーダプラは多く破壊され1912年頃から遺跡の発掘、保存の作業が始まり1982年に世界遺産に登録された。
住所 スリランカ アヌラーダプラ
豆知識
  • ブッダが悟りを開いた地「ブッダガヤ」の現在の菩提樹は、アヌラーダプラの菩提樹の子孫(3代目)。
  • アヌラーダプラの多くの場所で帽子、靴を脱ぎ石や砂地の上を裸足で歩く事になります。
  • 狂気の王として有名なカッサパ王(在位477~495年)がアヌラーダプラから南へ50kmの地に都市シーギリア(世界遺産)を造った。

天気・日の出・日の入

朝焼け 日の出 南中 日没 夜景
09:04~ 09:26 15:42 21:58 22:21~

レビュー

クリア