ブッダガヤ

仏教八大聖地の1つブッダガヤ(仏陀伽邪)は、釈迦(シッダールタ)の悟りの地として知られる。

レビュー

レビュー・写真を投稿する
クリア
  • 【ブッダガヤ】ブッダが覚りを開いた菩提樹で仏教徒と共に座禅を組もう。

    7ヶ月前
  • 【福岡・成田山久留米分院】千葉の成田山新勝寺の分院。日本で唯一、世界で2基目のブッダガヤ大仏塔と同系の「インド村・平和大仏塔極楽殿」が建つ。中には本物の仏舎利も祀られている。また、歴史館には各時代の中心人物が天然石で飾られている。

    7ヶ月前
  • 【インド】ブッダガヤの大菩提寺 ブッダガヤは仏教の始祖であるブッダが悟りを開いたとされる場所で、仏教四大聖地のひとつ。ブッダガヤの大菩提寺(マハーボーディ寺院)はインド、ブッダガヤにある寺院。古い煉瓦構造建築様式の1つである。

    7ヶ月前
  • インド旅行8日目です。ブッダガヤの朝、お釈迦さまがお悟りを開かれた菩提樹のほとりでお勤め、近くの「印度山日本寺」でお寺の付属幼稚園「ぼだいじ学園」の授業参観をさせていただきました。純真で元気な子どもたちの姿に疲れも吹っ飛びました。

    1年以上前

ぶらぶらする

 
  • 61.0Km~
    霊鷲山 霊鷲山(りょうじゅせん)は、インドのビハール州にある山。釈迦が無量寿経や法華経を説いたとされる地。現在はチャタ山と呼ばれる。1903年に大谷光瑞が率いる探検隊により仏典上の霊鷲山とこの山が同一と確定し...
  • 258.3Km~
    クシナガラ クシナガラ(クシーナガル)は、現在のインドのウッタル・プラデーシュ州のカシア付近の村。死期を悟った釈尊は 霊鷲山 から生まれ故郷に向う途中にこの地で亡くなる。...
  • 320.1Km~
    チトワン国立公園 チトワン国立公園は、ネパールのタライ平原にある広大な自然保護区。淡水イルカ、インドサイ、ベンガルタイガー、ヒョウ、ヌマワニ等の絶滅の恐れのある動物が生息。1984年に世界遺産にも登録された。 ゾウ...
  • 336.0Km~
    トリブバン国際空港 トリブバン国際空港は、ネパールの首都カトマンズにある国際空港。
  • 336.2Km~
    カトマンズ盆地 標高は1,000mを超え、首都カトマンズを含む盆地一帯は、仏教やヒンズー教の聖地として数多くの寺院や聖堂が建てられており、1979年に世界文化遺産に登録された。盆地内にはカトマンズ市、パタン市、バクタ...
  • 337.2Km~
    スワヤンブナート スワヤンブナートは、ネパール仏教で最も重要な寺院。寺院中央には仏陀の知恵の目が四面に描かれた仏塔がそびえ立つ。また猿が多いため「モンキー・テンプル」とも呼ばれる。...
  • 337.3Km~
    パシュパティナート パシュパティナートは、シヴァ神を祭るネパール最大のヒンドゥー教寺院。ヒンドゥー教が国教のネパールでは最高の聖地。寺にはヒンズー教徒のみしか入場ができないが、火葬場は入場料を支払えば誰でも見学が可能。...
  • 338.2Km~
    ナガルコット展望台 カトマンズから車で約1時間半ほどの場所にあるナガルコット。標高2100mから東西200kmに渡って連なる雄大なヒマラヤ山脈を望むことができます。 ヒマラヤビューをより堪能したい場合は、ホテル「クラ...
  • 338.8Km~
    ボダナート ボダナートは、ネパールのカトマンズにあるチベット仏教の中心地。高さ約36mのストゥーパ(仏塔)にはブッダのお骨(仏舎利)が埋められている。 ボダナートを囲んでいる壁にはマニ車が埋め込まれており「1...
  • 362.3Km~
    仏陀の生誕地ルンビニ ネパールのタライ平原にある小さな村「ルンビニ」。仏教の開祖である釈迦(ガウタマ・シッダールター)が生まれたとされる地であり、仏教の八大聖地の1つに数えられ巡礼者で賑わう。1997年に世界遺産に登録。 ...

天気・日の出・日の入

朝焼け
08:19~
日の出
08:44
南中
15:26
日没
22:09
夜景
22:33~
住所
インド
観光スポット・カフェ・ホテルを
地図・GPSで検索