タビマメ
GPS hotel 路線検索

富岡製糸場

富岡製糸場(とみおかせいしじょう)は、日本で初めて本格的な器械製糸工場として1872年(明治5年)に開業し、1987年(昭和62年)まで利用された製糸所。繰糸場(そうしじょう)、東・西繭倉庫(-まゆそうこ)、 外国人宿舎(女工館、検査人館、ブリュナ館)等の主要建築物が、創業当時のまま保存されている。
料金大人 500円、高校・大学生(要学生証) 250円、小・中学生 150円
住所 群馬県富岡市富岡1-1
アクセス
  • 上信電鉄 上州富岡駅→徒歩約10分
  • 新幹線・東京駅→[約1時間(約4,400円)]→上信電鉄・高崎駅→[約40分(約800円)]→上州富岡駅→徒歩約10分
豆知識
  • 2014年に「富岡製糸場と絹産業遺産群」として世界遺産に登録された。

天気・日の出・日の入

朝焼け 日の出 南中 日没 夜景
04:10~ 04:39 11:50 19:01 19:30~

レビュー

  • 1時間に1~2回行われているガイドツアーがおすすめです。大人200円、中学生以下は100円です。
  • レビュー写真
    ガイドツアー
  • レビュー写真
    上州鉄道の券売機。
  • レビュー写真 レビュー写真
    ブリュナエンジン
  • レビュー写真 レビュー写真 レビュー写真
    貯水タンク
  • レビュー写真
    園内図
  • レビュー写真
    上州富岡駅
  • レビュー写真
    お富ちゃん
  • 富岡製糸場に行ってきた。繰糸の実演や保存工事現場の見学もできたし、何よりこの天気(汗)あまり雪は降らない土地だそうなので、珍しいものを見ることができた!

    1年以上前
  • 友人の手土産が「かいこの王国」という富岡製糸場の有名な土産。まさかの面白チョイス。

    1年以上前
  • 富岡製糸場初めて来たけどすんごい。ワクワクする。

    1年以上前
  • 6月にも世界遺産に登録される見通しとなった「富岡製糸場」の代表的土産といえばコチラ !

    1年以上前
  • 明治5年(1872年)設立 世界遺産になった富岡製糸場。写真は東繭倉庫。煉瓦はフランス積み。縦の柱は木でできています。西洋の石でできた建築を意識してグレーにしたのかな。扉の内側は網代になっていました。つづく。

    1年以上前
  • なんと。富岡製糸場の出来る2年前の文献にヨーロッパの蚕は全滅状態であると残されてるのか……

    1年以上前
  • 富岡製糸場。江戸時代の終わって5年後に出来たのか

    1年以上前
  • 富岡製糸場 見学者新記録 駐車場満車「連休は勧告の効果に期待」。富岡製糸場(群馬県富岡市)の世界文化遺産の登録勧告を伝えられてから一夜明けた27日、施設を一目見ようと製糸場には多くの観光客が訪れにぎわった。市によると、同日の(´Д`υ)

    1年以上前
  • 「富岡製糸場と絹産業遺産群」…世界遺産暫定リストに登録されて7年での本登録確定。西洋の近代工業が移植された明治からの遺構が良い状態で残されているということで、また見に行ってみたいなぁと。既にホットな観光地になりつつあるみたいですが(^^;

    1年以上前
クリア