京都府 GPS hotel
tabimame

清水寺


拝観時間6時~18時頃(日による)
※夜間特別拝観時は別
拝観料大人300円、小・中学生 200年
住所 京都府 京都市 東山区
清水の舞台でお馴染みの清水寺(きよみず-)。標高242mの清水山(音羽山)中腹にあり、13万平方メートルの広い境内と15の伽藍を有する。創建の伝承では、780年頃に坂上田村麻呂(758年~811年)が、狩りの最中に修行中の賢心(延鎮)に出会い、殺生の罪を説かれ、自邸を寄進したのが始まりとされ、観音霊場として知られるようになったが、災害や戦乱などで幾度か消失し、現在の本堂は1633年に徳川家光の寄進により再建されたもの。また、ご本尊の千手観音は33年に1度のみ御開帳となる。1994年に「古都京都の文化財」の一つとして世界遺産にも登録された。

写真

清水の舞台

  • 清水の舞台(1)

    清水の舞台から飛び降りる 現代では、「思い切って何かを行う」の意味で使われますが、本来の意味は「観音さまに一切をおまかせし、観音さまと一緒に歩む気持ちになる」といった意味とのこと。実際に清水の舞台から飛び降りた人は、江戸時代に計234件あったとの調査記録があり、明治時代になると政府により飛び降り禁止令が出された。

  • 清水の舞台(2)

    清水の舞台とは、本来は御本尊様に芸能を奉納する舞台。

  • 清水の舞台(3)

    ライトアップ

  • 清水の舞台(4)

音羽の滝

  • 音羽の滝(1)

    三筋の水が流れ落ち、 向かって左「学業成就」、中央「恋愛成就」、右「延命長寿」のご利益があります。

  • 音羽の滝(2)

    行列です。

  • 音羽の滝(3)

仁王門

  • 仁王門(1)

    清水寺の境内入口に立っており、高さは約14m。室町時代に再建され当時の特徴を残す。門の両脇には、京都最大級(像高約3.6m)の仁王像が清水寺を守っています。

  • 仁王門(2)
  • 仁王門(3)

随求堂

  • 随求堂(1)

    秘仏・大随求菩薩(だいずいぐぼさつ)や縁結び・安産・子育ての神仏を祀る。真っ暗なお堂の下をめぐり「胎内めぐり」も体験(小学生以上100円)できます。

  • 随求堂(2)

    胎内めぐり

  • 随求堂(3)

開山堂

  • 開山堂(1)

    謡曲「田村」に謡われている「田村堂」。清水寺創建の坂上田村麻呂夫妻の像を安置。

三重塔

  • 三重塔(1)

    高さ約31mの塔。1632年に再建され、1987年に解体修理されたもの。

拝観受付

  • 拝観受付(1)

    境内は自由です。清水の舞台、地主神社、音羽の滝などは有料みたいです。

茶わん坂

  • 茶わん坂(1)

    清水坂に比べて賑わいはちょっと少ないです。

  • 茶わん坂(2)

    茶わん坂のほうから上るのが若干近道。

  • 茶わん坂(3)

    茶わん坂から

景色

  • 景色(1)

    仁王門付近からの景色もいい!

  • 景色(2)

    眺めよし!

  • 景色(3)

清水坂

  • 清水坂(1)

    お店がたくさん

  • 清水坂(2)

案内図

  • 案内図(1)

    境内案内図

  • 案内図(2)

動画

  • 動画(1)

    祇園四条駅から清水寺までを歩く

  • 動画(2)

    京都•清水寺など紅葉ライトアップの名所

  • 動画(3)

    京都の紅葉の名所

山号音羽山
宗派北法相宗大本山
本尊千手観音(33年に1度開帳)
創建年伝・778年
開基伝・延鎮
札所等西国三十三所16番
法然上人二十五霊跡13番
洛陽三十三所観音霊場10~14番
神仏霊場巡拝の道117番(京都37番)
国宝本堂
重要文化財仁王門、三重塔、鐘楼、ほか
世界遺産古都京都の文化財
豆知識
  • 清水の舞台から飛び降りる
  • 現代では、「思い切って何かを行う」の意味で使われますが、本来の意味は「観音さまに一切をおまかせし、観音さまと一緒に歩む気持ちになる」といった意味とのこと。実際に清水の舞台から飛び降りた人は、江戸時代に計234件あったとの調査記録があり、明治時代になると政府により飛び降り禁止令が出された。
  • 今年の漢字
  • 年の世相を漢字一字で表現する「今年の漢字」は清水寺で発表される。
2014年「税」 2013年「輪」 2012年「金」 2011年「絆」 2010年「暑」 2010年「新」 2009年「変」