タビマメ
GPS hotel 路線検索

鞍馬寺

鞍馬寺は鑑真が唐から伴ってきた弟子の一人・鑑禎が770年に草庵を結び、毘沙門天を安置したのが始まりと云われる寺院。源義経が7歳の頃から約10年間を過ごしたと云われる。
住所 京都府京都市左京区鞍馬本町
アクセス
  • 叡山電車・鞍馬駅→徒歩約2分
  • 京都駅から
  • 京都駅→京都市営バス4, 17号系統、京都バス17系統→バス停:出町柳駅前→叡山電鉄:出町柳駅前→乗車約30分→鞍馬駅
  • ケーブルカー(寄付金100円)
  • 山門駅→多宝塔駅
  • 乗車約2分、運転間隔15分(混雑時はピストン運転)
  • *本殿まで徒歩で行く事も可能です。
豆知識
  • 源義経の父・義朝(よしとも)は平治の乱(1160年)で敗れ処刑された。その後、義経の母である常盤御前が子供を助命を請い、義経はこの鞍馬寺に預けられる事となった。
  • 鞍馬寺は毘沙門天、千手観世音、護法魔王尊が一つになった尊天が祀られている。
  • 護法魔王尊はヒンドゥー教の神話に登場する賢人・サナト・クマラと同一視されている。
  • サナト・クマラは650万年前に金星からやって来たとされ、鞍馬はこのクマーラから。
山号鞍馬山
宗派鞍馬弘教 総本山
本尊尊天(毘沙門天王・千手観世音菩薩・護法魔王尊)
創建年伝・770年
開基伝・鑑禎
札所等新西国三十三箇所19番
国宝木造毘沙門天立像、木造吉祥天立像、木造善膩師童子立像、他
重要文化財木造聖観音立像、木造兜跋毘沙門天立像、黒漆剣、銅燈篭、他

レビュー

  • 源義経が幼少の頃、平泉にいくまでの間過ごしていた場所として有名。
  • 仁王門→ケーブルカー→多宝塔→本殿まで楽に行く方法もあれば、徒歩のみで、仁王門→由岐神社→本殿→さらに山を越えて→貴船神社へ行くコースもあります。後者は結構しんどいです。
    まろもんず 11月11日
  • レビュー写真 レビュー写真
    仁王門
  • レビュー写真
    木の根道。固い地面のため根を張れず顕わになっている。
  • レビュー写真 レビュー写真
    鞍馬駅
  • レビュー写真
    金剛床
  • レビュー写真
    狛犬ならぬ「阿吽」の虎
  • レビュー写真
    ケーブルカー
  • レビュー写真 レビュー写真
    義経公供養塔
  • レビュー写真
    義経公背比石
  • レビュー写真
    奥の院魔王殿
  • レビュー写真
    川上地蔵堂
  • レビュー写真
    巽の弁財天
  • レビュー写真
    魔王の滝
  • レビュー写真
    大杉権現
  • レビュー写真
    木の根道
  • レビュー写真
    四脚門
  • 鞍馬寺の紅葉 電車降りた瞬間から空気が違うというか、澄んでるというか…なんだか不思議な場所でした。運良くあまり人が居なかったのでじっくり写真撮れました!

    1年以上前
  • 鞍馬寺 登るにつれて紅葉が盛ってた

    1年以上前
  • 何だかんだ鞍馬寺も行きましたぞ〜!体が鈍ってて山登りハードやった

    1年以上前
  • 叡電に乗って鞍馬寺 ケーブルカーは休止中⤵︎ 本殿まで山道

    1年以上前
  • はぁはぁ鞍馬山登って鞍馬寺からの貴船神社コース行ってきたぞ…

    1年以上前
  • 鞍馬寺の奥の院に行く途中にある、大杉大権現

    1年以上前
  • 義経が鞍馬天狗から兵法を習ったと言われる場所、鞍馬寺。狛虎!

    1年以上前
  • 昨日は神秘と癒しの鞍馬~縁結びの貴船までハイク。 鞍馬寺金堂の中心に立ち、パワーを得ての貴船神社へ。 なのに…水占みくじは…凶…i||l|i(;゜∀゜;)||i|li;

    1年以上前
  • 鞍馬寺行ってきたんだけど、電車ですごい吊革みっけたよ!✨

    1年以上前
  • 今日は鞍馬山、鞍馬寺、貴船神社、下賀茂神社行ってきたよー\(^o^)/鞍馬山まじ登山wwwスニーカーで行ってよかったwwwwめっちゃしんどかったwwww

    1年以上前
  • 鞍馬寺の宝物殿へ入ってみた。何だか胸が一杯になって泣けてしまった。そこは「慈悲」で満たされた空間であり、一緒にいた人が「子宮みたい」と言ってた意味がよく解った。

    1年以上前
 

天気・日の出・日の入

朝焼け 日の出 南中 日没 夜景
06:09~ 06:36 11:42 16:48 17:15~