タビマメ
GPS hotel 路線検索

沼田城址公園

沼田城は1532年に沼田顕泰が築いた城郭。1580年に真田昌幸(真田幸村の父)が入城し、1590年には嫡男・信幸が城主となった。以後約90年間に渡り真田氏の居城となったが、1681年に藩主・信利が幕府に領地を没収され沼田城は完全に破却された。
住所 群馬県沼田市西倉内町594

レビュー

  • 石垣の一部などが残ってますが、今は公園として整備されています。
  • 小松姫(真田信幸の妻・本多忠勝の娘)の逸話が有名。関ヶ原の戦いの直前に、真田昌幸と信幸・信繁(幸村)の父子3名で話し合い昌幸・信繁は西軍に、信之は東軍につくことが決まった。昌幸は最後に沼田城に寄って孫に会いに訪れたが、小松姫は武装した姿で対応し、城に入れずに追い返した。後に、小松姫は自ら子供をつれて昌幸のもとを訪れた。
 

天気・日の出・日の入

朝焼け 日の出 南中 日没 夜景
05:33~ 05:59 11:28 16:56 17:22~