タビマメ
GPS hotel 路線検索

新日吉神宮

新日吉神宮(いまひえじんぐう)は、1160年に後白河上皇の命により、比叡山の鎮守社である日吉社(現・日吉大社)を勧請し、院の御所(法住寺殿)の鎮守社として創建されたと云われる。この場所に鎮座したのは1897年(明治30年)。
住所 京都府京都市東山区妙法院前側町451-1
主祭神大山咋命、大己貴命、玉依比売命、大山咋命荒魂、田心比売命、菊理比売命、玉依比売命荒魂、後白河天皇
相殿素盞嗚尊、大年神
創建1160年

レビュー

  • 新日吉と書いて「いまひえ」と読みます。
  • 狛猿が金網に入っているのは、夜な夜な動き出すとか。
  • レビュー写真
    拝殿
  • レビュー写真 レビュー写真
    御神猿
  • レビュー写真
    ご神木
  • レビュー写真
    大黒様
  • レビュー写真
    楼門
  • 京都市東山区の新日吉(いまひえ)神宮。狛犬ではなく狛猿が金網の中に入ってました。これは、猿たちが夜な夜な動き出すのを防ぐためだそうで、いちど夜中に行ってみたいものです。後白河法皇によって創建された由緒ある神社でございます。

    1年以上前
 

天気・日の出・日の入

朝焼け 日の出 南中 日没 夜景
06:34~ 07:01 12:08 17:15 17:42~