タビマメ
GPS hotel 路線検索

小泉八雲熊本旧居

「耳なし芳一」などの作品で知られる小泉八雲(ラフカディオ・ハーン)が第五高等学校(現・熊本大学)の英語教師として熊本に赴任した最初の1年を過ごした家。「知られぬ日本の面影」はここで執筆されたと言われている。住居は1995年に復元された。
営業時間9:30~16:30
休館日 月曜日(祝日の場合は翌日)
料金高校生以上200円、小・中学生100円
住所 熊本県熊本市中央区安政町2-6
豆知識小泉八雲(1850年-1904年)は、ギリシャ出身の新聞記者・作家。1890年に来日し1896年(明治29年)に日本国籍を取得「小泉八雲」と名乗る。 「耳なし芳一」「雪女」「むじな」などの作品で知られる他に、松江尋常中学校(現・松江北高等学校)、島根県尋常師範学校(現・島根大学)、熊本第五高等学校(現・熊本大学)、東京帝国大学、早稲田大学などで英語講師などを務める。

レビュー

  • 鶴屋百貨店の裏側にあります。下通という繁華街の隣の筋です。パネルでのわかりやすい説明がされています。
  • 耳なし芳一などで有名な小泉八雲。不遇な少年時代や、片目の視力を失ったことなど、感慨深いものがあります。
  • 下通などで歩き疲れたらちょっと
  • 小泉八雲は日本人でなく神話好きの外国人だったとは・・・。
  • 小泉八雲は神話の国・出雲や松江というイメージだったけど、熊本で英語の先生をしていました。
  • そうだ 夕方ここへ行って来た 小泉八雲熊本旧居 震災のために一部公開だったけど、その分無料で見学させてくれる

    1年以上前
  • 小泉八雲熊本旧居。原本が展示されていた。

    1年以上前
  • 鶴屋裏の小泉八雲熊本旧居、外から見る分には特段問題ないので安心していたが、中は結構やられていて柱もダメージ受けているとのこと。 外側の公開は鶴屋の工事が終われば出来るが中の公開は当分無理とのことでした。

    1年以上前
  • 松江市の小泉八雲旧居の庭。南の庭から北の庭まで吹き渡る風が気持ちよかったです。受付近くに被災を受けた熊本の小泉八雲旧居支援の為の義援金箱が置かれていました。お隣の小泉八雲記念館は改築中で休みでした。

    1年以上前
 

天気・日の出・日の入

朝焼け 日の出 南中 日没 夜景
04:47~ 05:14 12:13 19:12 19:40~