タビマメ
GPS hotel 路線検索

天寧寺(五百羅漢)

彦根市街地を望む里根山の中腹にある井伊家ゆかりの禅寺・天寧寺。もともとは井伊直政の実母を祀る崇徳寺を移築したと言われる。秋には萩の花が咲き、萩の寺としても知られる。
営業時間9:00~17:00
料金大人 400円、小中学生 200円
住所 滋賀県彦根市里根町232
アクセスJR・彦根駅→近江バス→バス停・天寧寺口→徒歩約3分
JR・彦根駅→徒歩約15分~
山号萬年山(まんねんざん)
宗派曹洞宗
本尊聖観音菩薩
創建年1822年
開基井伊直中
市指定文化財五百羅漢像

レビュー

  • 彦根城見学のあと、ちょっと時間を持て余したので自転車で。リアルな五百羅漢が売りですが、金ピカの布袋さんが一番インパクトありました。
  • レビュー写真
    五百羅漢像には悲しいいわれがあり、井伊家の11代藩主・井伊直中は不義の子を宿した槻御殿(男子禁制)の腰元・若竹を成敗してしまう。若竹の死後、相手は直中の子・直清であったことが判明。そのため若竹とその子菩提を弔うため京の仏師・駒井朝運に500体の羅漢像を彫らせたと言う。
  • レビュー写真
    井伊直弼公の好みで作られたという石州流庭園。
  • レビュー写真
    布袋尊
  • レビュー写真
    桜田で花散った大老の血染めの遺品をこの供養塔の下にまつった。
  • レビュー写真
    日本一大きい布袋尊
  • レビュー写真
    井伊直弼供養塔
  • レビュー写真
    境内案内図
  • レビュー写真 レビュー写真
    五百羅漢
  • レビュー写真
    入口
  • レビュー写真 レビュー写真
    説明
  • レビュー写真 レビュー写真
    石庭
  • レビュー写真
    景色
  • 五百羅漢 天寧寺【滋賀県】 1811年(文化8)、彦根藩第11代藩主・井伊直中が手打ちにした腰元と初孫の霊を弔うために建立された寺。 羅漢堂に並ぶ五百羅漢は京都の名工駒井朝運作で、「必ず逢いたい人の顔が見つかる」という伝説をもつ。

    1年以上前
 

天気・日の出・日の入

朝焼け 日の出 南中 日没 夜景
06:20~ 06:48 11:45 16:42 17:10~