タビマメ
GPS hotel 路線検索

光触寺

時宗(踊り念仏)の開祖・一遍ゆかりのお寺・光触寺(こうそくじ)。本尊の頬焼阿弥陀(ほおやけ-)や本堂前にある塩嘗地蔵(しおなめ-)が有名。
  • 塩嘗地蔵
  • もとは金沢街道にあったお地蔵様。塩売りが塩を供え商いに行くと、帰りには塩が無くなっているため、お地蔵様が塩を舐めてしまうのだろうと言われるようになった。
  • 頬焼阿弥陀
  • 運慶作と言われる本尊の阿弥陀如来像は、頬に焼け跡があることから頬焼阿弥陀と呼ばれており、町人達から盗みの疑いをかけられた万歳法師の身代わりとなって、頬に焼印が残ったと言われている。
料金境内無料
*本尊・頬焼阿弥陀の拝観は10人以上で要予約(300円)
住所 神奈川県鎌倉市十二所793
アクセス鎌倉駅→京急バス 鎌23・5番「太刀洗行き」→バス停・十二所→徒歩1分
鎌倉駅→京急バス 鎌24・5番「金沢八景行き」→バス停・十二所→徒歩1分

レビュー

  • 今日はさくっと鎌倉のお寺を4箇所巡ってきました。 最初は鎌倉三十三観音7番の光触寺。 小さなお寺だけど、ご朱印の書き入れ後拝んでいただくという、すばらしいお寺でした(*^ω^*)

    1年以上前
  • 朝夷奈切通は六浦口ともいわれ、初代侍所別当である和田義盛の子の三郎義秀が一夜で切り開いたという伝説が残るが、「吾妻鏡」では、執権北条泰時が工事の陣頭指揮を執ったと記されている。当時の名残を伝えるものとして光触寺には塩嘗地蔵が祀られている。 #kamakura #鎌倉

    1年以上前
 

天気・日の出・日の入

朝焼け 日の出 南中 日没 夜景
06:07~ 06:35 11:32 16:29 16:56~