タビマメ
GPS hotel 路線検索

小菅修船場跡

小菅修船場跡(こすげしゅうせんじょうあと)は、1868年(明治元年)に造られた日本初の西洋式ドック。外国船の修理を目的として、トーマス・グラバーらの計画により造られた。1884年(明治17年)には三菱の所有となり、現在の三菱重工業長崎造船所の礎となった。見た目から「ソロバンドック」の愛称で親しまれている。
住所 長崎県長崎市小菅町

レビュー

 

天気・日の出・日の入

朝焼け 日の出 南中 日没 夜景
04:44~ 05:12 12:22 19:31 19:59~