タビマメ
GPS hotel 路線検索

恵美須ヶ鼻造船所跡

恵美須ヶ鼻造船所跡(えびすがはな-)は、長州藩が洋式帆船を建造した造船所跡。1855年に桂小五郎(木戸孝允)が軍艦建造の意見を藩に提出し、翌年に藩主・毛利敬親は洋式軍艦を建造することを決定した。ロシアの造船技術による丙辰丸(1856年)、オランダの造船技術による庚申丸(1860年)が建造された。
住所 山口県萩市椿東5166
アクセス東萩駅→車で約10分
豆知識
  • 2015年に「明治日本の産業革命遺産」として世界遺産に登録。

レビュー

クリア

天気・日の出・日の入

朝焼け 日の出 南中 日没 夜景
05:12~ 05:38 12:17 18:56 19:23~