タビマメ
GPS hotel 路線検索

宗像大社・沖津宮(沖ノ島)

沖ノ島は大島から約48kmの玄界灘に浮かぶ周囲4kmの孤島。宗像大社の三宮のうちの一つ沖津宮が鎮座しており、宗像三女神の長女神・田心姫神(タゴリヒメノカミ)が祀られてる。通常の参拝はできず、女人禁制の島でもある。沖ノ島では、古くから国家安泰・海路安全を祈り、重大な祭祠が行われてきたため、今では祭祀遺物が多く出土し「海の正倉院」とも呼ばれる。出土品はすべて国宝・重要文化財に指定されており、辺津宮の神宝館で見ることができる。
住所 福岡県宗像市沖之島
アクセス大島港→フェリーで約100分
例年5月27日に事前申込みと抽選で200名のみ入島できる。*女人禁制。

レビュー

  • 宗像大社、辺津宮、中津宮、沖津宮の三つがあって、辺津宮が九州、中津宮が船で十分の島、沖津宮がそこからさらに数十キロ先の島で、一年に一回抽選でしかはいられへん

    1年以上前
  • 交通安全の神様で有名な宗像大社、普通人目についているのは辺津宮というお社で、離島にある中津宮、さらに玄界灘に浮かぶ孤島の沖津宮を合わせて本来は宗像大社と言います。沖津宮は女人禁制の聖域で海の正倉院とも呼ばれるところです。

    1年以上前
  • 宗像大社の沖津宮がある沖ノ島は今でも女人禁制の神の島なのじゃ。4世紀から10世紀にかけての祭祀遺跡が手付かずのままで残されており、その中には中国や朝鮮半島やペルシャのものまであるため、海の正倉院とも言われておるのじゃ。

    1年以上前
 

天気・日の出・日の入

朝焼け 日の出 南中 日没 夜景
05:40~ 06:05 12:13 18:22 18:47~