タビマメ
GPS hotel 路線検索

石川啄木一族の墓

立待岬の墓地にある石川啄木一族の墓には、石川啄木、妻・節子、母・カツ、長男・真一、長女・京子、次女・房江、父・一禎、京子の夫・石川正雄の8名が眠っている。石川啄木は東京で亡くなったが「死ぬ時は函館で・・・」と宮崎郁雨へ宛てた手紙に書かれていたため、後にこの地に改葬された。
住所 北海道函館市住吉町16
豆知識
  • 石川啄木が函館で暮らしていたのは4ヶ月程であったが、「死ぬときは函館で」と宮崎郁雨へ宛てた手紙に書き残されていた。
  • 1912年(明治45)に東京で病死した。26歳の若さであった。
  • 石川啄木の妻・節子の妹の夫であり歌人の宮崎郁雨と、函館図書館の初代館長・岡田健蔵の尽力により立待岬に墓が建立された。

レビュー

 

天気・日の出・日の入

朝焼け 日の出 南中 日没 夜景
03:29~ 04:03 11:39 19:15 19:50~