タビマメ
GPS hotel 路線検索

高館義経堂

平泉駅と中尊寺の中間地点に位置する高館(たかだち)は、奥州藤原氏の居館である衣川館(ころもがわのたち)があったと云われ、源義経の最期の地とされている場所。小高い丘には源義経を祀る義経堂(ぎけいどう)が建てられている。
営業時間午前8時30分~午後4時30分
11月~4月頃は ~午後4時
料金大人・高校生 200円、小・中学生 50円
住所 岩手県岩手県平泉町平泉字柳御所14
豆知識源義経を庇護していた藤原泰衡は、源頼朝の圧力に屈し1189年に高館へ攻め込んだ。この時、源義経は抵抗せずに持仏堂に籠もり、妻子を手に掛けた後に自害したと言われる。弁慶は攻め入る敵を前に、義経のいる持仏堂の前に立ちはだかり多くの矢を浴びながらも倒れず死んだとされ、これは「弁慶の立ち往生」という有名な言葉として知られる。

レビュー

  • 特別になにかがあるというわけではないので、時間がないかたはスルーしても良いと思います。中尊寺や毛越寺は拝観に時間がかかるので。
  • 源義経が最後を遂げたと云われる場所。
  • 松尾芭蕉が訪れる500年前の平泉は栄華を誇っていたが、芭蕉が訪れたときは面影がなかったといいます。そこで奥の細道の有名な一句「夏草や兵どもが夢の跡」と詠まれたと言います。現在もこの高館という丘はいい意味でのすたれっぷりに「夢の跡」を感じます。
  • 義経や静御前に関するちょっとした資料館もあります。
  • レビュー写真
    入口
  • レビュー写真
    義経堂
  • レビュー写真
    景色
  • レビュー写真
    義経の最期
  • レビュー写真
    武蔵坊弁慶
  • レビュー写真
    常盤御前
  • レビュー写真
    芭蕉句碑
  • レビュー写真
    駐輪場
  • レビュー写真
    謎の像
  • レビュー写真
    資料館
  • レビュー写真
    源義経
  • レビュー写真
    静御前
  • 日曜日は大人の休日倶楽部のチケットで日帰り平泉の旅。レンタルサイクル借りて1日ちょうどよい感じ。目的の中尊寺と毛越寺の餅料理もよかったですが、ノーマークの高館義経堂からの眺望にやられました。「夏草や兵どもが夢のあと」が胸に落ちます。

    1年以上前
  • 平泉 高館義経堂 桜残ってる…泣ける

    1年以上前
 

天気・日の出・日の入

朝焼け 日の出 南中 日没 夜景
05:53~ 06:22 11:20 16:19 16:48~