タビマメ
GPS hotel 路線検索

和歌浦天満宮

和歌浦天満宮(わかうらてんまんぐう)は、学問の神様・菅原道真が祀られている神社。901年に菅原道真が大宰府へ向かう途中、和歌浦の地に停泊し「老を積む身は浮き船に誘はれて遠ざかり行く和歌の浦波」「見ざりつる古しべまでも悔しきは和歌吹上の浦の曙」の2首の歌を詠んだと言われる。
住所 和歌山県和歌山市和歌浦西2丁目1-24
アクセス南海本線・和歌山市駅→和歌山バス「雑賀崎循環」または「新和歌浦行き」→25分→バス停・権現前→徒歩5分
JR・和歌山駅→和歌山バス「雑賀崎循環」または「新和歌浦行き」→25分→バス停・権現前→徒歩5分
主祭神菅原道真
創建10世紀頃
本殿の様式入母屋造
例祭3月25日
重要文化財楼門(1605年)、本殿(1606年)
末社多賀神社本殿、末社天照皇太神宮豊受大神宮本殿

レビュー

  • しかし和歌山の、和歌浦天満宮はいいね!あそこすばらしいよ、楼門からの景色。楼門だってできたの1604年だよ?桃山芸術よ?もっと押してよ!

    1年以上前
  • 和歌浦の海綺麗やったゾ〜 和歌浦天満宮より

    1年以上前
 

天気・日の出・日の入

朝焼け 日の出 南中 日没 夜景
04:35~ 05:03 12:05 19:07 19:36~