タビマメ
GPS hotel 路線検索

昭和新山

昭和新山は支笏洞爺国立公園内にある標高398mの火山。1944年(昭和18年)~1946年にかけて形成された溶岩ドーム。雨天時は過熱した溶岩から湯気が立ち上る光景を見ることができる。
住所 北海道有珠郡壮瞥町

レビュー

  • 戦時中に行われた「昭和新山」の成長過程の記録は、当時は非国民と呼ばれるものだった。それを、郵便局長であった三松正夫さんは、未来のために行った。

    1年以上前
  • 昭和新山 1943年から2年間かけて噴火、形成されたものです。 もとは麦畑が広がる平らな土地が広がっていました。 郵便局長がその様子を詳細に記録し、「ミマツダイヤグラム」として有名に。 マグマの粘性が高く溶岩ドームとなっています。

    1年以上前
  • 元の麦畑の粘土が溶岩で焼かれてレンガ(天然レンガ)になったから、昭和新山は赤い火山なのか。

    1年以上前
  • 昭和新山ってオーナーがいるのか。火山のオーナーなんて世界的にも珍しいよ。

    1年以上前
  • 昭和新山は戦時中で専門家が観測できなかった代わりに、地元の郵便局員さんが私財をなげうって火山の土地を買ってまで観測をしたんだよ!

    1年以上前
  • 昭和新山の土地所有者おるんかw

    1年以上前
  • 昭和新山

    1年以上前
  • 昭和新山! 風向き次第で硫黄の匂いがするとか(´・ω・`)

    1年以上前
  • 有珠山、昭和新山、羊蹄山の三山が眺められる伊達。北海道らしい景色とマッチしています。今なら北海道の香水と呼ばれるあの匂いも漂いますよ。

    1年以上前
  • 昭和新山! 2年でにょきにょき出てきたんだって!

    1年以上前
 

天気・日の出・日の入

朝焼け 日の出 南中 日没 夜景
03:25~ 04:00 11:39 19:18 19:53~