タビマメ
GPS hotel 路線検索

忌宮神社

忌宮神社(いみのみやじんじゃ)は、古事記・日本書記にも記されている神社。仲哀天皇が熊襲平定の際に滞在した行宮・豊浦宮(193年)の跡に建てられたと云われ、199年に香椎で亡くなった仲哀天皇を、そのお后・神功皇后がここに祀ったとされる。後に仲哀天皇を祀る「豊浦宮」、神功皇后を祀る「忌宮」、応神天皇を祀る「豊明宮」の3つの社殿があったが、火災により「忌宮」に合祀された。
住所 山口県下関市長府宮の内町1-18
豆知識195年頃に秦の始皇帝の子孫であり、秦氏(はた)の祖とされる功満王が日本に帰化し、蚕の卵を奉献したと云われる。ここから日本の養蚕が始まったとされている。
主祭神仲哀天皇、神功皇后、応神天皇

レビュー

  • 【下関】高杉晋作ゆかり!城下町・長府

    下関市にある城下町・長府。高杉晋作のゆかりの地としても知られる。工業エリアとして発展をとげながらも、一歩足を踏み入れると古江小路など当時の面影が残る小路が続きます。

 

天気・日の出・日の入

朝焼け 日の出 南中 日没 夜景
06:42~ 07:10 12:08 17:07 17:34~