タビマメ
GPS hotel 路線検索

崇道神社

崇道神社(すどう-)は、早良親王(さわら-)の霊を慰めるために 859年~877年頃に創建されたとされる。早良親王の兄・桓武天皇が推し進めていた長岡京遷都の責任者・藤原種継が暗殺された際に、早良親王の事件への関与が疑われ、捕らわれた後に、無実を訴えるために絶食し死亡した。その後、皇族の病死や疫病・洪水などが起こり「無実の早良親王のタタリ」と噂され、早良親王の霊を慰めるために、神社を建立し「崇道天皇」の称号が与えられた。
住所 京都府京都市左京区上高野西明寺山町34

レビュー

  • ●崇道神社(京都)● ご祭神は早良親王(崇道天皇)で桓武天皇の弟。藤原種継暗殺事件への関連が疑われ淡路島へ流刑となるが、道中無実を訴え絶食し死亡→怨霊化。 ご利益は無いものの参道の途中に #縁結び の双樹がある。吊り橋効果 が期待できるかもしれない。 #魔界スポット ←失礼

    1年以上前
 

天気・日の出・日の入

朝焼け 日の出 南中 日没 夜景
05:44~ 06:09 11:41 17:12 17:37~