タビマメ
GPS hotel 路線検索

双柿舎

双柿舎(そうししゃ)は、シェイクスピアの翻訳家で知られる坪内逍遙(つぼうちしょうよう)が、 自身で設計士、大正9年から亡くなる昭和10年までの15年間を過ごした住居。樹齢300年の柿の大樹が2本あったことから友人の会津八一が「双柿舎」と名付けた。
営業時間
  • 日曜日の10:00~16:00のみ開館。
  • 予約不要。運転免許証または健康保険証などの提示。
料金無料
住所 静岡県熱海市水口町11-17
アクセス
  • JR熱海駅→湯~遊~バス「水口」下車
  • JR熱海駅→「相の原」方面行きバス(約10分)「来宮駅前」下車→徒歩約5分
  • JR来宮駅→徒歩約5分

レビュー

  • 双柿舎は坪内逍遥の邸宅。屋敷は1920年に建てられたもの。逍遥は、ここでシェークスピアの全訳を完成させた。建物は木造2階建ての日本家屋。庭先には名前の由来となった2本の柿の木と書斎がある。また、100m南の海蔵寺には逍遥夫妻の眠る墓がある。双柿舎の見学には身分証明書が必要。

    1年以上前
 

天気・日の出・日の入

朝焼け 日の出 南中 日没 夜景
04:27~ 04:55 11:49 18:44 19:11~