和歌山県 GPS hotel
tabimame

高野山・壇上伽藍

だんじょうがらん

住所 和歌山県
高野山を開くにあたり最初に整備した場所。奥の院と並ぶ高野山の2大聖地とされており、「曼荼羅」の思想に基づき根本大塔、金堂等が配置されています。

写真

根本大塔

  • 根本大塔(1)

    根本大塔(こんぽんだいとう)。高さ約48.5mの高野山最大の高さを誇る建築物。真言密教の根本道場におけるシンボルとして建立された。弘法大師の死後40年たった876年頃に完成。現在の塔は1937年に再建された。

  • 根本大塔(2)

    いつからかお賽銭を立てて置く習慣があります。

  • 根本大塔(3)

    説明

  • 根本大塔(4)

大会堂

  • 大会堂(1)

    大会堂(だいえどう)。鳥羽法王の皇女・五辻斎院(ごつじさいいん)内親王が、父帝の追福のため建立。現在の建物は1848年に再建されたもの。

  • 大会堂(2)

六角経蔵

  • 六角経蔵(1)

    鳥羽法皇の皇后・美福門院が、鳥羽法皇の菩提を弔い、一切経を納めるために建立した経蔵。現在の建物は1934年に再建されたもの。

  • 六角経蔵(2)

    建物を回すことができ、一回りすれば一切経を一通り読誦した功徳があると言われる。

  • 六角経蔵(3)
  • 六角経蔵(4)

蛇腹路

  • 蛇腹路(1)

    蛇腹路(じゃばらみち)。弘法大師は高野山を「東西に龍の臥せるがごとく」と形容した。壇場伽藍は龍の頭、この小道が龍のお腹付近にあたる。

  • 蛇腹路(2)
  • 蛇腹路(3)

不動堂

  • 不動堂(1)

    1197年に鳥羽上皇の皇女・八條女院内親王が発願し、行勝(ぎょうしょう)上人によって建立された。現在の建物は14世紀前半に再建されたもの。奉安されていた運慶作の八大童子は霊宝館で見ることができる。

  • 不動堂(2)

    説明

  • 不動堂(3)

愛染堂

  • 愛染堂(1)

    1334年に後醍醐天皇の命により、四海静平・玉体安穏を祈るために建立。本尊の愛染明王は、後醍醐天皇の御等身ともいわれる。現在の建物は1848年に再建されたもの。

  • 愛染堂(2)

西塔

  • 西塔(1)

    西塔(さいとう)。弘法大師の計画を引き継ぎ、真然大徳によって建立された塔。886年に建立され、現在の塔は1834年に再建されたもの。高さは約27m。

  • 西塔(2)

三味堂

  • 三味堂(1)

    三味堂(さんまいどう)。済高が929年に建立したお堂。このお堂で「理趣三昧」という儀式を執り行っていた。現在の建物は1816年に再建されたもの。

三鈷の松

  • 三鈷の松(1)

    三鈷の松。弘法大師が唐から日本へ向けて三鈷杵(さんこしょう)と呼ばれる法具を投げたところ、遠くこの地のこの松にひっかかっていたと言われる。

  • 三鈷の松(2)

    落ちている3葉の葉(通常の松は2葉)の葉の落ち葉を探して持ち帰り、お守りとしされている参拝者もいます。

  • 三鈷の松(3)
  • 三鈷の松(4)

    説明

六時の鐘

  • 六時の鐘(1)

    賤ヶ岳七本槍の一人・福島正則が父母の追福菩提を祈って、1618年に建立。偶数時に時刻を知らせます(午前6時~午後10時の間)。

御社

  • 御社(1)

    御社(みやしろ)。弘法大師が819年に山麓の天野社から勧請した高野山の鎮守。現在の社殿は1594年に再建されたもの。

東塔

  • 東塔(1)

    東塔(とうとう)。1127年に白河院の御願により創建。現在の塔は1984年に再建された。

  • 東塔(2)

大塔の鐘

  • 大塔の鐘(1)

    直径2mと、日本で四番目に大きな鐘であったことから高野四郎とも呼ばれ、1日5回打たれる。

金堂

  • 金堂(1)

    高野山の総本堂としての役割を担ってきた。

  • 金堂(2)
  • 金堂(3)

蓮池

  • 蓮池(1)

    善女龍王社

  • 蓮池(2)

動画

  • 動画(1)

    壇上伽藍に見る弘法大師の息吹

  • 動画(2)

    高野山の雪~壇上伽藍~

  • 動画(3)

    和歌山 高野山 雪景色